ニューサイエンス

タグ:カルシウム

オーガニックサプリ 26種類もの各栄養素マルチミネラルビタミン ニューサイエンス

このニューサイエンス マルチミネラルビタミンはたった3カプセルで下記の栄養が摂取できます

マルチミネラルビタミン 栄養素
マルチミネラルビタミンに配合されている栄養素とその量

マグネシウム 150mg
カルシウム 150mg
亜鉛 15mg
銅 2mg
マンガン 2mg
鉄 1.8mg
クロム 15mcg
セレン 100mcg
モリブデン 20mcg
カリウム 100mg
ヨウ素 30mcg
ビタミンA 7000IU
ビタミンC 500mg
ビタミンB1 30mg
ビタミンB2 25mg
ビタミンB5 37.5mg
ビタミンE 150IU
ナイアシン 25mg
ビタミンB6 25mg
ビタミンB12 45mcg
葉酸 400mcg
ビタミンK 12.5mcg
ビオチン 8.8mcg
ケルセチン 67.5mg
イノシトール 9mg
(3カプセル中の量)

これだけのミネラル、ビタミンが簡単に摂取できるサプリメントは多くありません。

この栄養素を食品換算すると・・・こちら

ニューサイエンス マルチミネラルビタミンは、アメリカの特許取得製法にて、より多くの栄養素を安心素材から得ることに成功しました。しかしミネラルやビタミンは相互に働く関係がありますから、量だけではなくバランスも大切です。例えばカルシウムとマグネシウムは、カルシウムだけ摂取し、マグネシウムが不足しているとかえって健康には良くありません。
そのためマルチミネラルビタミンは栄養素の量だけではなく、バランスも考えて配合されています。しかも原材料の多くは厳格なオーガニック作物(オレゴンティルス農法)ですから安心です。

摂り過ぎが問題となる栄養素にビタミンAがあります。これは動物由来のビタミンAであるレチノールは体内に蓄積する性質があるので摂り過ぎはかえってよくありません。マルチミネラルビタミンのビタミンAは体内に蓄積しないベータカロチンを採用していますのでこちらも安心できます。

マルチミネラルビタミンの原材料

ブロッコリ
カボチャ
ローズヒップ
ビール酵母
アセロラ
グレープフルーツ種子
スピルリナ
ヤシ油
ヒマワリ種子
赤カブ
アルファルファ
キャベツ
緑藻類
ケルプ
からし菜
カボチャ種子
タマネギ
オーツ
サゴヤシ
牡蠣
HPMC(カプセル)


マルチミネラルビタミンについて


マルチミネラルビタミン正規販売店

マルチミネラルビタミン詳しい説明

マルチミネラルビタミン正規販売楽天店


マルチミネラルビタミン正規販売ヤフー店

マルチミネラルビタミン公式ページ
杏林予防医学研究所公式サイト


マルチミネラルビタミン詳しい説明



マルチミネラルビタミン(スマートフォン用)

超高濃度マグネシウム 老けない体をつくる 骨と血管を強くするに掲載


意識して摂ろうマグネシウム食材


山田先生オススメ


不足しがちなマグネシウムを手軽に摂取できる優れもの

超高濃度マグネシウム
はこちら。

詳細は下記にて。

骨と血管を強くする 老けない体をつくる食べ方


山田豊文所長監修の食の教養ベストセラー書
「老けない体をつくる食べ方」(ムック)の拡張版


骨と血管を強くする 老けない体をつくる食べ方
骨と血管を強くする 老けない食べ方


間違った食生活によって増え続ける生活習慣病は、現代の医療では太刀打ちできません。

60年前には2300億円だった医療費が40兆円を突破するこの時代において病に伏さず、健康で楽しく生きていくことは最大の課題となりました。体の老化、病気知らずな元気な細胞は食べるもので変わります。いつまでも若々しく楽しく暮らすための食の基本を手に入れましょう。

  • 若さを保つ昔ながらの食の力
  • 咀嚼回数が減ると老けが加速する
  • 若さと健康の土台は骨と血管
  • 間違いだらけの牛乳と骨の関係
  • 玄米+大豆+野菜が主役の穀菜食
  • 山田式食事法による若返り食材
  • 今すぐやめるべきNG習慣 ほか

本に掲載される山田先生おすすめの老けないための製品



骨と血管を強くする 老けない体をつくる食べ方

監修者:山田豊文
出版社:宝島社
骨と血管を強くする 老けない食べ方


前回出版 19万部突破 老けない体をつくる食べ方
(2016/3/3発売)

老けない体をつくる食べ方


関連情報
山田豊文先生
杏林予防医学研究所所長。米国公益法人ライフサイエンスアカデミー理事長。あらゆる方面から細胞の環境を整えれば、誰でも健康に生きていけるという「細胞環境デザイン学」を提唱し、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。細胞環境デザイン学に基づく医療を提供している。主な著書に 『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)、『細胞から元気になる食事』(新潮社)、『病気がイヤなら「油」を変えなさい!』(河出書房新社)など。また、医師や歯科医師を中心とした日本ミネ ラルファスティング協会を主宰し、自身の理論を啓蒙すると共に、幼児教育、医療、美容、スポーツなど、さまざまな分野でもこの理 論を展開し、各界の著名人から支持を得ている。

山田豊文先生著作





不足しがちなマグネシウムを手軽に摂取できる優れもの

超高濃度マグネシウム
はこちら。

このページのトップヘ