ブログネタ
サプリメント健康系 に参加中!

クリルオイル with アスタキサンチン

クリルオイルwith アスタキサンチンはスポーツ選手や芸能人等の食生活指導に実績のある山田豊文先生が所長を務める杏林予防医学研究所の検定、開発品が中心のニューサイエンス製高品質サプリメントです。原材料は天然系素材を採用し、合成食品添加物は使用しておりません。

ニューサイエンス クリルオイルwith アスタキサンチン

ニューサイエンス クリルオイルwith アスタキサンチンは、ミネラル栄養学を根幹として長年活動でする杏林予防医学研究所の開発・検定品のクリルオイルサプリメントです。

クリルオイルとは


クリルオイルは栄養豊富な南極オキアミの油です。EPAやDHAなど話題のオメガ3必須脂肪酸からアスタキサンチンがリン脂質(レシチン)と結合したベストな状態で含まれています。
EPAやDHAサプリメントと言えば魚油由来がほとんどですが魚油はトリグリセド型といいまして、水に溶けないのです。つまり吸収が良いとはいえません。そのため魚油サプリメントを摂取すると、溶けずに胃液の表面に油が浮かんでしまうほどなのですが、このニオイが口に戻ってくるので魚臭さの元になります。

魚油とクリルオイルの違い

クリルオイルのオメガ3脂肪酸はリン脂質結合型であり水溶性、つまり体に吸収されやすく、すぐ溶けますから魚臭さもありません。
また、南極オキアミは氷の下に生息するため、マイナス40度まで固まらず生きられます。これは血液サラサラ成分を多く含んでいるからです。


また、サバやイワシの魚油の場合、純度が低いため、これらを利用してDHAやEPAサプリメントを製造するには濃縮が必要になります。濃縮する製造工程において一瞬ですが高温がかかります。これによりトランス脂肪酸が発生する可能性もあります。トランス脂肪酸について日本国内では表示義務がないので、トランス脂肪酸について魚油由来は判断できません。ニューサイエンス クリルオイル with アスタキサンチンはトランス脂肪酸ゼロです。放射性物質(ヨウ素131、セシウム134、セシウム137)も検出しませんでした。

クリルオイルの安全性
クリルオイルは欧米でその安全性が正式に認められています。2009年2月、欧州食品安全機関(EFSA)は新開発食品成分として「ナンキョクオキアミ(Euphausia superba)の脂質抽出物」の安全性に関する科学的意見書を公表。

「毒性や臨床データは限られているが、主要成分についてのデータから、提案されている使用条 件において『ナンキョクオキアミの使用抽出物』は新規成分として安全である」と結論づけています。

(国立医薬品食品衛生研究所安全情報部食品安全情報No.5/20092009.02.25 http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2009/foodinfo200905.pdf )


ニューサイエンス クリルオイルの特徴


このクリルオイルは厳選された高品質な南極オキアミだけを採用し高水準の技術で化学溶剤を使わずに抽出しています。
不純物は残さず余計な添加物も無添加、トランス脂肪酸もゼロ。カプセルも安全性を求め植物性プルランを使用のこだわりで安心。


名称:クリルオイル含有加工食品
原材料名:クリルオイル、加工デンプン、グリセリン、 ゲル化剤(増粘多糖類)
内容量:23.1g(30粒×1粒総重量770mg、 1粒内容物重量500mg)
重金属・有機溶剤・汚染有機物質の検査にて不検出。

加工デンプン、グリセリン、 ゲル化剤は植物カプセル、プルランの素材です。
グリセリンとゲル化剤(増粘多糖類)は植物性です。
加工デンプンはとうもろこし(非遺伝子組み換え)由来。


保存方法:直射日光・高温多湿を避けて 保存して下さい。

【栄養成分表示】1粒(770mg)当たり ・エネルギー5.074kcal ・たんぱく質0.025g ・脂質0.449g ・炭水化物0.233g ・ナトリウム1.863mg

ニューサイエンス クリルオイルwith アスタキサンチン

ニューサイエンス クリルオイル with アスタキサンチンについて


ニューサイエンス クリルオイルwith アスタキサンチン正規販売店ページ

ニューサイエンス
杏林予防医学研究所公式サイト
杏林予防医学研究所について
ニューサイエンス サプリメント


ニューサイエンス クリルオイル with アスタキサンチン